筋力トレーニングで効果を上げるなら加圧トレーニングが最適

加圧トレーニングの仕組みとは

加圧トレーニングの仕組みというのは至って単純です。まず四肢の付け根部分に特殊なバンドをまき、血流を流れにくくすることで、筋肉に対する乳酸の蓄積を高めるというものです。このトレーニング方法の場合には、軽い負荷でも重量を扱うのと同じくらいのトレーニング強度を出すことができるので、アスリートで本格的に筋力を付けて増量する場合でも、基礎代謝アップのために筋力を付けてダイエットしたい方にも効果的なトレーニング方法です。

加圧トレーニングで鍛えられる部位とは

加圧トレーニングで鍛えられる部位は限られていますが、二の腕から太ももにふくらはぎ、あるいは前腕など、四肢の部分の筋肉ならば効果的に鍛えることができます。これらの場所に筋肉をつけることで、たくましさを増長させたり、スタイルを向上させることも可能ですので、男女問わず活用できるトレーニング方法です。サプリメントの摂取や食事に気を使うことでより効果を高めることができますから、あなたの好きな方法で加圧トレーニングしてみましょう。

使うトレーニング器具は何か

加圧トレーニングで使われるトレーニング器具はまず第一に加圧のためのバンドです。これにプラスしてチューブを使ってトレーニングをしたり、ダンベルやバーベルなどを用いてトレーニングをすることになります。初心者から始める場合には、軽めの負荷のチューブあるいはダンベルから開始しますから、初っ端からハードなトレーニングをさせられるわけではありません。現在では加圧トレーニング専門のジムやスポーツジムなどでもこのトレーニング方法を教えてもらうことができます。

加圧トレーニングなら横浜で受けることができます。適切に血流を制限した状態で行うトレーニングは効果が大きいとされています。